不眠症を治す方法

不眠症を治す方法は?

 

不眠症で悩んでいるけれど、薬に頼らずに治す方法がないか探している人って多いですよね。

 

 

薬は確かに不眠症を治す方法としては一番確実ですが、ずっと飲み続けることによる依存や副作用のことがどうしても気になります。

 

不眠の症状がひどい場合には、やはり薬で治す方法になると思いますが、できればそこまで不眠症がひどくなる前に、もっと安全で身近な方法で不眠症を治したいですよね。

 

そんな不眠症を薬を使わずに治す方法がないか探している方に、サプリ・アプリ・アロマでおすすめの方法を挙げてみました。

 

サプリで不眠症を治す方法

アプリで不眠症を治す方法

アロマで不眠症を治す方法

 

早く不眠症を治して、ぐっすり毎日眠れるようになってくださいね。

 

サプリで不眠症を治す

 

サプリは薬と違って依存や副作用の面で心配ないので、不眠症を治す方法として飲んでいる人も多いようですね。

 

ネットでも人気のおすすめのサプリをランキングにしてみました。

 

   

商品名

特徴

価格

1日当たり

詳細

潤睡ハーブ 試しやすい全額返金保証付 1,980円 66円 詳細
北の大地の夢しずく 他にないアスパラガス抽出成分 3,790円 107円 詳細
マインドガード 有効成分の配合量が豊富 6,810円 227円 詳細
リラクミン メンタルケア全般に効果 3,400円 113円 詳細
ネムリス 1ヶ月後に92%の人が効果実感 1,890円 63円 詳細

 

 

潤睡ハーブ

 

1日66円で始めることができ、しかも全額返金保証付きなので試しやすいサプリです。

 

 

不眠症サプリはたくさん販売されていますが、成分の違いは多少あったとしても、やはり飲んでみないとその効果はわかりません。

 

そうなると最初から効果があるかわからない高額のサプリよりも、手軽にお試しからできる方がおすすめです。但し、お試しといってもやはり1ヶ月くらいは続けて効果を判断したいですよね。

 

その点、潤睡ハーブはお試しでも1ヶ月あり全額返金保証も付いているので、不眠症サプリとしての効果をしっかり確認できます。

 

 

他のサプリとの違い

 

不眠に関係もあると言われている冷えに着目して、ぽかぽか効果のある金時生姜を配合しています。

 

主な成分

 

クロレラ、ギャバ、ラフマエキス、クワンソウ

 

価格

 

1ヶ月分 1,980円 ⇒ 1日当たり66円

 

全額返金保証付き


 

 

 

 

北の大地の夢しずく

 

アスパラガスから抽出した、他にはない休息サポート成分を配合したサプリです。

 

 

多くの不眠症サプリにはギャバやクワンソウなどの休息成分が含まれています。なので同じような成分を使ったサプリであれば、効果がそう大きく変わることはありません。

 

いままでいろんな不眠症サプリを試してみたけれど効果がなかったという方は、アスパラガス抽出成分を試してみてはどうでしょう。

 

スティックに入ったグレープフルーツ味のドリンクタイプで飲みやすいサプリです。

 

 

他のサプリとの違い

 

他のサプリにはないアスパラガス抽出の休息サポートする成分が配合されています。

 

主な成分

 

アスパラガス抽出物、ギャバ、クワンソウ、テアニン

 

価格

 

1ヶ月分 3,790円 ⇒ 1日当たり107円


 

 

 

 

マインドガード

 

寝る前に飲むだけでぐっすり眠れると、女性に人気の休息サポート飲料です。

 

 

ドリンクタイプなので、有効成分の吸収力も高く、しかもクワンソウなどの有効成分も他に比べて多いので効果が期待できます。ドリンクタイプはカプセルや錠剤に比べて、有効成分の配合量が多いのも特徴です。

 

他の不眠症サプリに比べると高額ですが、その分有効成分の配合量が多くなっています。

 

ドリンクタイプなので、お好きな飲み物に割って飲むこともできますよ。

 

 

他のサプリとの違い

 

ドリンクタイプなので、有効成分の配合量が多く、吸収力も高くなっています。

 

主な成分

 

クワンソウ、モリンダシトリフォリア、レスベラトロール、ギャバ

 

価格

 

1ヶ月分 6,810円 ⇒ 1日当たり227円


 

 

 

 

リラクミン

 

不眠の症状に応じてサプリの種類が選べ、メンタルケア全般に効果が期待できるサプリです。

 

 

メンタル系のサプリを専門に販売しているリラクルという会社が販売している不眠症サプリで、不眠だけでなく憂うつで不安になる、イライラして落ち着かないといった、症状によって自分に一番合ったサプリを選ぶことができます。

 

睡眠薬を飲まなくても眠れるようになったという口コミもたくさんあり、通販の不眠症サプリでは人気があるサプリです。

 

 

他のサプリとの違い

 

不眠以外のメンタル系の症状にも効果があり、タイプによってサプリが選べます。

 

主な成分

 

グリシン、クワンソウ、トリプトファン、テアニン、ギャバ

 

価格

 

1ヶ月分 3,400円 ⇒ 1日当たり113円


 

 

 

 

ネムリス

 

3日目で69%の人が効果を実感したという、メディアでもよく紹介されているサプリです。

 

 

女性誌や新聞などでもとりあげられていることが多いサプリで、ネット通販でも人気の不眠症サプリです。

 

口コミを見ていても、不眠の改善効果が早く実感できたという人が多いのが特徴で、1ヶ月後には92%の人が効果を実感できたというデータもあります。

 

効果が早ければ、その分安全性が心配になりますが、ネムリスは天然由来の植物ハーブにこだわっているので、その点は心配ないようです。

 

 

他のサプリとの違い

 

不眠効果改善の早さは他の不眠症サプリに比べても早く、安心できる植物ハーブでつくられています。

 

不眠対策になる主な成分

 

テアニン、ラフマ、クワンソウ、月見草、ギャバ、グリシン、トリプトファン

 

価格

 

1ヶ月分 1,890円(税込) ⇒ 1日当たり63円


 

 

   

商品名

特徴

価格

1日当たり

詳細

潤睡ハーブ 試しやすい全額返金保証付 1,980円 66円 詳細
北の大地の夢しずく 他にないアスパラガス抽出成分 3,790円 107円 詳細
マインドガード 有効成分の配合量が豊富 6,810円 227円 詳細
リラクミン メンタルケア全般に効果 3,400円 113円 詳細
ネムリス 1ヶ月後に92%の人が効果実感 1,890円 63円 詳細

 

アプリで不眠症を治す

 

スマホと睡眠という今までにない組み合わせで、不眠症を治す方法をいろいろ試してみたけれど効果がなかった人も、睡眠改善ができているのが、ツーブリーズというスマホアプリです。

 

90%の方が約2週間でぐっすり、ぐっすり眠れるようになったと回答して、不眠症を治す方法としては期待できそうです。

 

リラックスを提供するようなサロンやヨガ施設などでもとりいれられていて、今までにない新たな不眠症を治す方法として注目されています。

 

 

今まで寝るときにスマホを見て眠れなくなってしまっていた方は、逆にスマホを利用することで眠れるようになれるかもしれませんね!

 



 

ツーブリーズの詳細はコチラ

 

アロマで不眠症を治す

 

アロマはリラックスできる癒し効果も高く、不眠症を治す方法としてもおすすめです。

 

アロマを使う方法はいろいろありますが、アロマオイルを使わなくても、首筋などにサッと塗るだけでいいという便利な方法もありますよ。

 

Suyatto Aroma



 

首筋や手首にサッと塗るだけのアロマスティックです。

 

「リラックス」に働きかけるラベンダー、ローマンカモミール、スイートオレンジの香りがあります。天然素材で抽出しているので、安心してお使えます。

 

わざわざアロマを準備する必要もないし、外出先でもどこでも使用できるので手軽です。

 

Suyattoアロマの詳細はコチラ

 

 

不眠症の症状と治療薬

不眠症の症状

 

不眠症は症状によって大きく4タイプに分けられます。

 

入眠障害

寝つきが悪く、寝るまでに30分以上かかってしまい眠れない症状。不眠症の中では一番多いタイプです。

 

中途覚醒

朝起きるまでに何度も目が覚めてしまい、十分な睡眠がとれない症状。中高年に多いタイプです。

 

早朝覚醒

朝早くに目が覚めてしまい、そのまま眠れなくなってしまう症状。高齢者に多いタイプです。

 

熟眠障害

睡眠時間は十分とっているけれど、眠りが浅いために熟眠感がない症状。神経質な人に多いタイプです。

 

 

不眠症の治療薬

 

不眠症の治療では、内科、精神科で診てもらうことが一般的ですが、最近では心療内科や不眠症外来設けているを病院での受診も増えてきています。また診察だけでなくカウンセリングを行っている施設もあります。

 

不眠の治療には、一般的に睡眠薬といわれる薬や、抗うつ剤、抗精神病薬を併用して治療が行われます。

 

 

主に使われる睡眠薬は次のような薬があります。

 

 

ゼンゾジアゼビン系睡眠薬

 

一般的に処方されている治療薬ですが、有害な副作用があるににもかかわらず、処方される数は増えています。長期的な処方は不適切であるため、薬に依存することを避けるようにしなければいけません。

 

非ゼンゾジアゼビン系睡眠薬

 

軽度から中等度に適用され、ゾルビデム、ザレプロンといった睡眠薬がよく処方されています。効果は中程度であるために、重度の不眠症に対しての効果はあまり期待できません。

 

 

睡眠薬については、早期治療のために使うことは必要ですが、副作用の問題や長期的な処方による心身への悪影響もありますから、薬物依存に注意しましょう。